うつ病でも仕事の環境を変えて劇的に改善。事業が成功する理由

にんにく玉本舗
am900_bs090

うつ病のタイプの人は、ナイーブで傷つきやすいという、集団生活の中では生きづらい性格を持っているようです。(事実私もそうでした・・・。)

しかし、その性格をビジネスに応用出来るとしたら・・・?

うつ病の人は、基本的に基準が自分ではなく、他人になっている人が多いようです。

そのため、人が喜ぶ顔を見るのが大好きだったり、鋭い洞察力があったり・・・。

心当たりはないでしょうか?

これらの資質は実はビジネスを成功する上で、とても重要なことなんですね。

他人を喜ばすにはどうしいたら良いのか?を常に考え、他人の気持ちを汲める人。

そして努力家。すべて事業を行う上で、成功することの条件がそろっっているわけですね。

しかし、集団で仕事をすると、気を使いすぎて疲れてしまう。

それなら、一人で独立してできる仕事を探せば良いのではないでしょうか。

私は、パソコンスキルを活かして、企業の商品売るお手伝いを自宅でできるアフィリエイトという仕事を始めました。

一人でコツコツやることが得意なので、周りの目を気にせずに出来るこの仕事は天職といえそうです。

先日見つけたお仕事に、メロンパンの移動販売をフランチャイズ展開している会社がありました。お客さんの笑顔をもらいながら、メロンパンを販売する。それって素敵ですよね!

販売場所は毎日場所を変えられるので、お客さんにも飽きられることがなく、集客の可能性もとっても大きいのも魅力的ですし、夫婦やお子さんなどと一緒に仕事をしている人もいるそうです。

やっぱり安心できる人と仕事を出来るって、うつ病予備軍の私達にはとってもうれしいことですよね。

自分の生きがいを見つけられれば、うつ病は劇的に良くなります!それは脳内ホルモンのアドレナリンがたくさん、湧いてくるからなのでしょうか・・・?!

ずっと辛い、辛いと言って頑張り続けるよりも、エイッ!と思い切って環境を変えることも必要ではないでしょうか?

 



関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_000064

2013.12.19

精神疾患の原因:セロトニンの役割とカテコールアミンについて

セロトニンの作用の主な働きはどのようなものなのか? セロトニンは脳内でさまざまな感情をつかさどる神経伝達物質の調整役を行い…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る