うつ病になったら親と離れるべき理由【親との関係性が意外な原因に】

にんにく玉本舗
af9970029751

うつ病になったら親と距離を置いたほうがいい。

仲が良くて、どんなに愛情がある親子関係でも
それは言えることだと思う。

それは、愛情を持っている親は、知らず知らずに
子供を縛り付けている可能性が高いから。

そして愛情深い母親を慕っている子供は、
そのリモートコントロールに気づかずに、
自分の本来行くべき場所にいくことを束縛されている。

これは、自分の経験から言えること。

お母さんが大好き。そんな子供ほど罠にはまる

私は母親を世界で一番といえるほど愛しているし、
大切に思っている。

でも自信満々でエネルギーに満ち溢れている母親は
自分の信念をしっかり持っているので、子供の意見は受け入れず
自分の経験や生きてきたテリトリーの中で最善の方法を
子供に強制し、束縛する。

それは悪意があってしているわけではなく
愛情があるがゆえ、起こってしまう歪みなのだ。

死ぬまで無意識の束縛をし続ける親たち

これは、ほとんどの親子関係で行われていることであり、
親は子供が40歳になろうが60歳になろうが関係ない。

死ぬまでそばにいる子供を無意識に縛り付けている。

 

よく店の後継のために、
親の職業をつがなければならない息子が犠牲にあっているのを目の辺りにする。

親は自分の好きなことだし、
適性にあったことをしているから成功した。

子供は俺の息子だから出来て当たり前だし、
金をつぎ込んで教育もした。

だから自分より良い結果をだせて当たり前だと考えている。

 

でも、実際、親の血をひいても別の人格である。

得意な分野もやりたいことも全く違う。
人は自分のやりたいことをやってはじめて大きなことを成し遂げられるものだから。

そして努力や我慢が足りないと息子をけなす。

 

子供は劣等感と失望感を抱き、親のもとでずっと一人前になれず、
人間的な尊厳も得られないまま、時はすぎさるのだ。

そして劣等感と自尊心を傷つけられた子供たちは
常に這い上がる努力をし続けなければならないので
いずれ精神的にすり切れ、疲れ果てる。

一生親離れ子離れできないのは人間だけ

動物で大人になっても親と一緒に暮らしていくものはいない。

きっと大人になって、親が死ぬまで一緒に暮らすのは
人間だけだろう。

自分が一番楽に生きられるところを見つけるためには
親から離れるのは一番近道であり、最良の方法。

もし、あなたがわけあって親元を離れることができないのなら、
『親のいうことは従うべきだし正しい。』

という認識をもう一度考え直してみたらいかがでしょうか。

 

親がすごく反対しても自分で突き進みたい。

そんな場所をぜひ見つけて、貫いてください。

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001378

2014.5.31

もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。 同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る