うつ病の前兆・予兆は?どういう症状があるの?

にんにく玉本舗
a0011_000271

私って、もしかしたらうつ病かも・・・。
そう不安になる方も多いのではないでしょうか。

私が経験したうつ病の前兆や予兆。

またその症状について触れてみたいと思います。

今思えば、極度に疲れやすく、思うように体が動かなくなったのが7年ほど前。

てっきり体に原因があるものと思っていました。

肩こりはひどく、背中のこわばりも半端ではありません。

首はカチコチに固くなり、まわすとボキボキと音がします。

いといとなサプリメントや健康グッズをこれでもかというほど試してきましたが、どれもまったく効果はありませんでした。

頭では「掃除すなくちゃ・・・。ごはん作らなくちゃ・・・。勉強教えなくちゃ・・・。」

いろいろ焦りばかりが募るものの、体が全く動かなくなるのです。

仕事はなんとか気力で通勤。義務感でなんとかこなすのですが、家に帰るとまったくの廃人状態の私。

そんなことを数年繰り返すうちに、症状はどんどん悪化していき、不眠症状や胃痛などが現れるようになりました。

物忘れもひどくなり、人の名前が思い出せなかったりすることもしばしばです。

職場の仕事の環境が変わり、大きな重圧を受けたことが大きなきっかけになり、休養するほどに悪化してしまったわけですが、職場を休職する前には、食事の献立も考えることが出来なくなり、家事も元気だった時の1000分の1もこなせません。

何をしたら良いのか、ただウロウロするばかり・・・・。

本当に脳が崩壊しているとしか思えないほど、ボロボロになりました。

今まではなんでもなかった事に、強い不安やイライラを感じ、子供たちにあたってしまったりしたこともありました。

私が職場を休養し、まもなく一年が経とうとしていますが、最近ようやく人並みの半分位の仕事ができるまでに回復することができました。

うつ病が極限状態になってしまうと、ゆうに一年以上は治療に時間がかかるのですね。

うつ病は脳の中のセロトニンが欠乏することで起こります。

極限状態になったらセロトニンがゼロの状態。

うつ病の予兆や前兆の段階では、あと少ししか残っていませんよ。

という状態なのだと思います。

もし、その時に自分の考え方を変えてストレスを排除したり、呼吸法を実践することを知っていたら、ここまで悪化することはなかったのかと思っています。

抗うつ剤や薬物治療では根本的にセロトニンを増やす治療は行われずに、脳をだましているだけの治療法です。

本当に自分を治せるのは、自分だけなんだなと強く感じています。

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001305

2014.9.19

なぜうつ病になるの? 大丈夫、絶対治せます!

なぜ人はうつ病になるのだろうか? 私はうつ病を克服したひとりです。 だから、うつ病の人の気持ちが痛いほど理解できます。 病気と…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る