うつ病抗鬱薬の副作用(めまい・記憶障害・ろれつ・眠気・肥満)をどう克服するか

にんにく玉本舗
薬

うつ病と診断され処方される抗鬱薬では、
ほぼ例外なく副作用を感じることが多い。

めまい、記憶障害、ろれつがまわらない、太りやすくなる。眠気がひといなど
人によって様々だが、これらは周囲の人からも認識できるほど
長期的に抗鬱剤を飲み続ければ、飲み続けるほど
副作用と言われる症状は悪化するようだ。

同僚で3年以上抗鬱剤を処方している人がいたのだが、
まるでお酒を飲んでいるようにろれつが回らずに、

仕事中に椅子から転げ落ちてしまうなど、
突然倒れてしまったり、体重も増加傾向にあったようだ。

抗鬱剤というのは、うつ病の根本的な原因となっている
栄養不足やストレスなどの問題をまったく無視し、
無理やり脳内物質を操作するものであり、
強い麻薬とそうかわりない薬物が使われている。

つまり、覚せい剤を打っている薬物中毒者と同様の
症状が起きてもまったく不思議ではないし、
離脱症状も尋常ではなく、抗鬱剤の安易な処方は慎重な判断が必要だ。

これは自分自身の経験からも実感している問題で、
私の場合は、以前から周囲の同僚の状況を知っていたので
抗鬱剤の引用の危険性を知って炒め、
懸命に栄養療法などの根本的病気治療を模索した。

しかし、抗鬱剤の副作用や危険性を認知していない患者にとっては
医師のいわれたままに薬を服用することが、
完治への一番のち近道であると勘違いしてしまう人がほとんど。

現代の病気治療の現状は、癌や糖尿病、うつ病とすべて
対処療法という症状を薬で一時的に止めることに主眼をおいて
治療が行われるために、症状はさらに悪化し、気がついた時には
手遅れになるケースばかりであることを知らなければならない。

医者は病気を治してくれるところではない。
痛みや苦痛を取り除くだけで、決して根本的のち療法は教えてくれないのだ。

自分自身で病気について学び、
治療は自分自身で行うこと。
(うつ病の食事療法などは、サイトの中で詳しく紹介していますのでご参照ください)

これが、うつ病完治への一番の近道であり、
他人本位の治療では決して改善することはないことを知ってほしいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001305

2014.9.19

なぜうつ病になるの? 大丈夫、絶対治せます!

なぜ人はうつ病になるのだろうか? 私はうつ病を克服したひとりです。 だから、うつ病の人の気持ちが痛いほど理解できます。 病気と…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る