もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

にんにく玉本舗
a1380_001378

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。

同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違う。

同じ状況・同じ出来事が起こっても、自分を責めてしまう子と周りのせいにする子がいるのです。

どちらが良いということではないのですが、私自身が常に自分を責めてしまうタイプだったため、同じ状況になったときに常に周りのせいにする娘を見ていて、こういう考え方もあるんだなぁ・・・。とカルチャーショックのような感じを受けました。

自分を責めるということは、自分を向上するうえでは役に立つことではあるのですが、社会で生きていくうえではマイナスになる部分も多くあるのではないかと思います。

常に自分に足りないことばかりに目を向けて生きていると、もっと頑張らなくちゃ。と頑張り続けてしまうのだと思います。

それに対し、自信満々・自分には足りないところなんてないのよ!という生き方をする人は自分に自信があるので頑張らなくてよいのです。

この違いはとても大きな違いとなり、私たちの生き方・ストレスの感じ方に大きな差を生むことになってしまうのだと思います。

私は自分がうつ病で苦しんでいるときに、考えてみたことがあります。

もし、むすめが同じ状況で苦しんでいるとしたら、どのように生きてほしいと思うだろうか・・・。

かわいい娘が苦しんでいる姿を見ることは、親にとって一番つらく、苦しいものです。

愛する子供が幸せに生きてくれることが一番の幸せであると思うのです。

私は、母親としてもっと頑張らなくちゃ、子供のためにも歯を食いしばるんだ。と思ってきたのですが、私も母親にしてみればかわいい娘であることに気が付いたのです。

もっと自分らしく生きてもいい。

好きなことをして生きてもいい。

そう思えるようになりました。

自分ばかり頑張ったところで、子供たちが幸せになれるわけではないのです。

笑顔をなくした母親のまわりにいても楽しくないし、幸せにもなれない。

辛いなら今の生活を変えることも必要なのかな・・・。と思えるようになりました。

 

仕事を辞めて生活を変えてから、自分自身を否定することがなくなりました。

自分の得意分野で精いっぱい人のために役にたっていければいい。

とても幸せで、ようやくあるべき場所にくることができたと感じています。

無理して頑張らなくちゃいけない環境に身を置き続けることはないんだなぁ・・・。

楽になって、今を楽しみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001378

2014.5.31

もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。 同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る