セロトニンを増やす方法~腸内細菌はうつ病が治せる!

にんにく玉本舗
セロトニン増やす方法

今回は、腸内環境と脳の関係について研究されている藤田紘一郎博士による著書、脳はバカ、腸はかしこい
よりうつ病と腸内細菌の大きな関わりについて考えてみたいとおもいます。

うつ病の原因は、セロトニンがほとんど脳内に存在しないことで引き起こされているといわれています。(健康な人のセロトニン量は全体で10mg程度)

しかし、人の体のセロトニンの90%が腸に存在し、脳の中のセロトニンはわずか2%にすぎません。

セロトニンとは、トリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)に代えられ、腸内細菌によって脳内に送られます。歓喜や快楽を伝え、幸せを感じる脳内物質であり、人間の精神活動に大きく関与しています。

ドーパミンは気持ちを奮い立たせたりやる気を起こす働きで、逆境や不遇の時に力を発揮する脳内物質です。

通常、セロトニンを増やすには、肉、魚、豆類、卵、バナナなどのトリプトファンを多く含み食品を摂取することが大切だと言われていますが、腸内細菌が存在しないと、セロトニンを合成するためのビタミンが不足し、セロトニンなどの脳内物質を作り出すことが出来なくなります。

ドーパミンについても、必須アミノ酸のフェニルアラニンから合成されるますが、腸内細菌がないと作ることができません。

腸内細菌は私たちが食べたものを腸内で発酵させ、分解・消化・吸収・排泄を行ないます。アミノ酸やビタミンなどの栄養や生きるために欠かせない各種酵素・代謝酵素など)を作り出したり、病原菌などを排出する免疫機能を担っています。

健康な人の体には、これらの腸内細菌が数百種類、百兆個(約1キロの腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)が存在しており、どれも体にとっては重要な役割をしています。

アトピー性皮膚炎を発症している赤ちゃんの便を調べると、40%の赤ちゃんに大腸菌などの腸内細菌が検出されませんでした。生まれた直後の赤ちゃんの腸内細菌が一度大腸菌で占拠されないと、免疫力をつけることができずアトピー皮膚炎を発症し、それが一生治らなくなるのです。

清潔な環境が腸内細菌を減少させ、心や体に重大な影響を与えているということを重く受け止めなければならないのではないでしょうか。

腸内細菌は腸内でビタミンを合成する大切な役目をしています。食べ物から摂取するビタミンよりも腸内で合成されるビタミンの方が重要で、これらのビタミンが不足することにより脳内伝達物質が欠乏し、イライラしたり不安を感じるという仕組みです。

腸内細菌多くなる → ビタミン合成多 → セロトニン等脳内物質多 → 幸せ感・健康

豚に乳酸菌を与えるといろいろな病気が治り、肉質も良く、たいへんおとなしくなったという研究結果があることからも、腸内細菌が脳に与える影響がわかると思います。

藤田博士がオススメする腸内細菌を整えてセロトニンを活性化する食べ物とは?

活性酸素はセロトニンを作る上で大切な腸を攻撃します。

活性酸素は次のような環境で多量に発生します。

  • 食品添加物・残留農薬を含む食品の摂取
  • 濃度の高い塩素を含んだ水道水の飲用
  • 排気ガスやタバコ
  • 強いストレス
  • 電化製品からの電磁波や外界からの放射線、紫外線の影響

これらの活性酸素を消すことができるのが、ファイトケミカルという強い抗酸化作用のある物質です。

エキストラバージンオリーブオイル(低温圧搾)にはこれらの抗酸化物質が多く含まれるとともに、腸の流れをスムーズにし、腸内環境を整えてくれます。結果としてセロトニン分泌を助け、脳の働きを改善する効果も期待されています。

(蒸気や溶剤などを利用して精製されたオリーブオイルは抗酸化成分や有効成分が取り除かれてしまうため、低温圧縮(酸度0.8以下)を利用するのが良い)

不安や緊張は腸内細菌のバランスを乱す!

心理的ストレスや身体的ストレスは善玉菌を減らし、悪玉菌を増やします。

ストレス時に消化管局所で放出されるカテコラミンという物質が原因であると考えられ、

ストレス多→腸内環境悪化→脳が不安や緊張を増強 という悪いスパイラルに陥ってしまいます。

糖質の摂り過ぎがうつ症状を引き起こす

糖尿病患者の30%にうつ状態、13%が不安障害になっているという研究結果がありますように、安価で美味しい炭水化物が、脳に損傷を与えているといわれています。

藤田紘一郎氏がお勧め・開発する土壌菌

藤田医師も毎日飲んでいるという土壌菌ですが、土壌菌とはどのようなものなのでしょうか。

土の中には、生命維持に不可欠なたくさんの菌が存在しており、腸内細菌の構成と土壌菌の構成はほぼ同じです。

土壌菌由来のBF4群には、タンパク質分解群、セルロース分解群、油脂分解群、でんぷん分解群などの腸内細菌が凝縮されています。

腸内細菌の量と便の量は比例しているため、自分の便の量で腸内細菌の量を推測することができます。

便量が少ない人は腸内細菌が不足している証拠で、セロトニンなどの脳内物質も減少している証拠ですので、食べ物やサプリメントなどで補うことが必要になります。

日々の食生活でも、ぬか漬けや発酵食品、ヨーグルトなどで乳酸菌を積極的に摂取するとともに、腸内細菌の餌となるオリゴ糖も合わせて取り入れることで、腸内環境を整えて行くことができます。腸内細菌を増やし、セロトニンをたくさん作り出せる腸づくりを目指しましょう。

セロトニン・ドーパミンなどの脳内物質が増えれば、セロトニン再取り込み薬などの抗うつ剤に頼らなくても、うつ病などの不安症状を改善することができるようになるでしょう。

 

『カイテキオリゴ』
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001378

2014.5.31

もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。 同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る