ビタミンB群の欠乏が引き起こすうつ症状・睡眠障害・パニック症状他

にんにく玉本舗
a1380_000020

ビタミンB群は、ビタミンB1、B2,B6,B12、ナイアシン(ビタミンB3)、パンテトン酸、葉酸、ビオチンの総称です。

これらの栄養素は単独では効果を発揮しにくく、複合的に摂取することがとても重要になります。

また、体質により人の数倍ビタミンB群を消耗する体質の人も存在するため、このような人はより多くのビタミンB群を摂取しなければうつ病などの精神疾患を発症しやすくなってしまいます。

これらビタミンB群の栄養素が多く含まれる食品は、肉や魚などのタンパク類特に多く含まれ、ベジタリアン思考やダイエットをする女性などには特に不足しやすい栄養素です。

このビタミンB群が不足すると、脳をコントロールする神経伝達物質を合成して作り出すことができなくなります。その結果、うつ症状睡眠障害などさまざまな症状を発症ししてしまうのです。

しかも最近の穀類はすべて精製された胚芽部分を含まないため、米や小麦類にはほとんどビタミンB群は取り除かれた状態のため、炭水化物中心の食生活を送っている人はビタミンB欠乏症の予備軍といえるでしょう。

また、糖質や甘いもの、アルコール類を摂取すると代謝のためにビタミンB群が使われるため、糖質などの過剰摂取もビタミンB群不足を招きます。

穀類などは未精製のものを選ぶようにしたり、それぞれのビタミンB群を含む食品を積極的に摂取していくように心がける必要があります。

うつ病を治療するための栄養素の摂取量は通常の必要摂取量とはかけ離れた量を摂らなければならないと栄養分子学の書籍に記載されています。

目安としてビタミンBコンプレックス(複合体)150mg、ナイアシン(ビタミンB3)3000㎎が必要であると記されています。  

このため、通常の食事から上記の分量のビタミンB群を摂取することは難しいため、サプリメントなどを利用しながら補う必要があるでしょう。
マルチビタミンサプリ

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001378

2014.5.31

もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。 同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る