マイナス思考をプラス思考に変え、毎日を楽しく生きるために出来ること

にんにく玉本舗
a1380_000476

なんでもマイナス方向に考えてしまう自分が嫌になることありますよね。

周りの人をみていると、小さいことにクヨクヨせず、いきいきと楽しく過ごしている。

そんな人たちを見ていると、また自分自身の不甲斐なさに落ち込んでしまうこともしばしばです。

しかし、これらのマイナス思考の考え方の原因を突き止め、変えることができるのならこんなに幸せなことはないと思いませんか。

その手がかりを与えてくれるのが、

野口嘉則さんという心理コンサルティングをされている方が、心理カウンセリングした経験を元にして書かれた書籍です。

人には小さいころの経験や親からの言動により、思い込みや信じ込みがあり、それらが知らず知らずにプレッシャーやストレスを与える原因にたっていることが、とてもわかりやすく書かれています。

私自身も、この本を読んで、自分がいかに多くの非合理的な思い込みによって苦しめられてきたのかを痛感するとともに、原因を突き止め、思い込みを書き換えていくことで、今現在の負のスパイラルから脱出できるのではないかという明るい希望をもつことができました。

  • 今の自分をなんとかして変えていきたい。
  • 毎日を楽しく生きられる人になりたい。
  • 人の目を伺ってばかりいる自分が嫌だ!
  • 人に『いいえ』と断ることができない。
  • 自分らしく行動できるようになりたい。

とにかく、心の葛藤や不安を自分自身できれいに洗い出し、変えていく方法が見事なまでに説明されています。

うつ病に悩む人は、おそらく真面目で、人にNOと言うことが苦手、ついつい自分を押し殺してしまう人が多いのではないかと思います。(私がそうであるように)

自分の小さいころからの思考を変えるには、かなり大変であるし、難しいことですが、数か月をかけて、ひとつづつ改善していく方法です。

この方法を身につければ、数え切れないほどの悩みを解決できることでしょう。

病院で一回診察してもらうなら、この本を読んだほうが何倍も効果的・・・・!!
(この方法を教えてもらえるのなら数万円払ってもいいと思いました)

ぜひ一度手に取って、自分の心の膿を出し切って楽になってみませんか?

 

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_000064

2013.12.19

精神疾患の原因:セロトニンの役割とカテコールアミンについて

セロトニンの作用の主な働きはどのようなものなのか? セロトニンは脳内でさまざまな感情をつかさどる神経伝達物質の調整役を行い…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る