妻がうつ病になったときの対処法

にんにく玉本舗
a1380_000245

責任の分担をしてほしいと思っている妻

働く奥さんがうつ病になってしまった。

経済的にも、自分の収入だけでは心配だし、妻が回復してもらわないと困る。

私がうつ病を発症するのと時期を同じにして、友人も一ヶ月違いで療養休暇に入りました。

その時感じたこと、それは旦那の性格が似ていることだったんです。

 

おおらかで、あまり物事に執着しない。家事は基本、奥さん任せ。自由奔放。

奥さんからしたら、細かいもとを言わない、頼りがいのある旦那さんです。

でも、父親としては・・・・?

 

そうです、おおらかだという長所の裏にあるもの、それは責任感が足りないこと。

つまり、家のこと、子供のことをあまり深く考えない。

「どうにかなるよ、そんなこと・・・。大丈夫、大丈夫。」が口癖。

だから奥さんは、自分ひとりでなんとかしようと、限界まで頑張ってしまうのです。

女性は子供を産んだ瞬間から、ものすごい重圧を知らず知らずに感じるようになる

特に旦那さんを攻めたいとも思いません。

でも、極限まで頑張り続けた結果、私たちの場合は40歳という年齢になり破綻が起こりました。

ちょっとくらい家が汚くっても大丈夫だよ。とか、子供たちは遊ぶのが仕事だろ。

そう言われても、母親として妻として妥協できなかった。

 

だから、旦那さんにお願いしたいこと。

それは、自分の物差しだけでは考えないで欲しいんです。

奥さんはきっと、母親としてもっともっと子供にいろいろしてあげたいと思っています。

でも、職業婦人としての責任もある。

妻と仕事を完璧にこなしたいと思っている。

旦那さんがいくら、もっと手を抜きなよ。と言ってくれても、本心では常に追い立てられていることを知ってもらいたいのです。

では、奥さんをどう助けていけばいいのか。

それは、奥さんがどう感じて、どうしたいと思っているのかを知ることです。

そして、それを手伝って上げて欲しいのです。

旦那さんにとっては、必要とないと思うこともたくさんあると思います。

でも、母として、妻として、職業人として3役の責任を背負うことは、あまりにも大きすぎるんです。だから、責任を分担してほしいんです。

毎日朝食は僕が作るよ。とか、朝は僕が起きるからぐっすり寝てていいよ。

これだけでも、ものすごく気が軽くなるものです。

どうか奥さんがに担っている重くてずっしりのしかかった鎖を、数本でも代わりに持ってあげてください。

ここで注意なのですが、時々やるとか手が空いた時にやる。ではまったく効果はありません。

僕がすべて責任を持つよ。必ずやり通すから、この分野には手を出すな。ということをひとつでも2つでも増やすことのほうが重要です。

私が主人に、もっとこうしてくれたら楽だったな。と思うことは、子供の勉強をもっと熱心に見て欲しかった。ということです。

母親任せ、塾任せ。で勉強には無関心の主人。

私自身は、やはり子供の将来や進学のことが心配でならなかったのです。

母親の一番の関心ごとは子供だと思います。

その分野で旦那さんが力になってくれるのは、とっても奥さんの気を楽にして病気を軽減する原動力になると思います。

どうか、世の中のパパさんたち。男には男の苦労があることは知っています。

でも、奥さんが病気になって、働けなうなったら困りますよね。(現に今主人は困っています)だから、ちょっと立ち止まって考えてみてくださいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001378

2014.5.31

もっと頑張らなくちゃ。から脱出して楽になろう!

私は母親になり、子育てをする中で新たな気づきをすることが多くありました。 同じように育てられても、その子によって感じ方も考え方も全く違…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る