ADHDの子供をお持ちの不安なお母さんへ伝えたいこと

にんにく玉本舗
a1380_000109

ADHDを治そうとすればするほど子供は苦しむ

ADHDはほんとうに病気なのでしょうか。

たしかに、まわりの99%の子供とは違うかもしれません。

でも、その子にしかできない素晴らしいものもありますよね。

まわりの99%の子供にはできない、特技や才能を持っているはずです。

そこを、みようとせずに、周りと同じように振る舞いなさい。

もっとこうしなさい。と頭から否定するのはどうなんでしょうか。

比較すること自体間違っている

魚と猿どっちが正しくて、どっちが悪いってことはないはずです。

泳げなくったって、猿なら当たり前だし。魚なら、木に登れなくて当たり前なんです。

もし、猿に水の中で一生過ごしなさい。といったらどうですか?

苦しくて死んでしまいますよね。

ただ、周りとちょっと違うから、病気だなんて誰が決めたのでしょうか。

もしかしたら、まわりは病気扱いするかもしれません。

でも、親だけはわかってあげて欲しいのです。

あなたは一生懸命やっている。だから今のままでいいんだよ。

あなたが出来ることを全力でやればいい。

そんなあったかい環境を提供して上げて欲しい、そう思います。

実は私もADHDのはしくれです

私は、大きくなってから自分はADHDなのではないか?と疑問をもった一人です。

小さい頃から集団に溶け込むことが苦手で、ひとつのことには集中できるのですが、多くのことを同時にこなすのが苦手です。

しかし、集中すると人よりも打ち込む体質なので、受験勉強などでは常にトップレベルの成績をあげることができました。

正直、学生時代は自分自身あまり劣等感などを抱くこともなく、自分は頑張ればなんでもできると信じているほうでした。

社会に出てから、自分が他人のように複数のことを要領よくこなすことが苦手であることに気がつきました。

自分はどうして、こんな簡単なことができないんだろう。という劣等感にさいなまれ続けてきたのです。

でも、あるとき視点を変えて見たんですね。

これって、職人にとっては必須の資質であると・・・。

ADHDの人には世の中に大きな功績を収めて人がたくさんいることは有名ですよね。

その人が興味を持ったことをやればいいんです。

みんなと同じにしようとは思わずに、自分の本能や欲求に素直に行動することも成功へ到達するためのとても重要な条件だと思います。

あなたのお子さんやあなた自身がもし、ADHDであると劣等感をお持ちならば、もう一度考えてみてください。とても素晴らしい宝物を隠し持っているということを。

そして、決してせめないでほしいのです。学校では劣等生かもしれない。

先生やまわりの友達から冷たい視線で扱われるかもしれない。

お母さんだけは信じてあげてほしい

最初に周りとちょっと脳の回線違って生まれただけ。

つまり、まわりのほとんどは猿。ADHDの人は魚。

だからって魚が悪いわけじゃないですよね。

少数だから周りと違うから、病気。そんなことって不公平だと思いませんか?

その子には、その子が一番気持ちいい生き方があるんです。

その子が自信に満ち溢れて生きられる道があるんです。

それを、お母さんお父さんの定規で決めないでほしいのです。

周りがどんなに冷たい視線、冷たい扱いをしたとしても

「君は素晴らしいことはわかってるから安心して。」

そう信じて、笑顔で生活してくださいね。

きっと将来きれいな大輪の花を咲かせてくれるはずですから・・・。

コメントは利用できません。

眠れない・起きられないの不安を解消するアイテム

ピックアップ記事

a1380_001305

2014.9.19

なぜうつ病になるの? 大丈夫、絶対治せます!

なぜ人はうつ病になるのだろうか? 私はうつ病を克服したひとりです。 だから、うつ病の人の気持ちが痛いほど理解できます。 病気と…

最近の投稿

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る