有害物質や毒素を体の外へ排出させる方法(デトックス)

広がる食への不安。環境汚染・放射能・残留農薬、ダイオキシンから身を守る方法

有害物質、デトックス、解毒、蓄積、排出、毒素

 

母親が小さい頃から蓄積した毒素が胎盤や母乳を通して赤ちゃんに移行することを
ご存じでしょうか?

 

小さい子供を持つ母や妊娠出産を控えるママ達は、子供たちのためにも
少しでも安全で安心な食事をさせてあげたいと想うものです。

 

 しかし、日々購入する野菜や果物、魚介類まで保存料や、食品添加物、残留農薬、
放射能など使われていないものがないくらいです。

 

魚介類は汚染されつつある海の中で育ち、食卓にのぼります。
養殖で育てられた魚たちは、病気の蔓延を防ぐために水槽内に多量の抗生物質が
投入されているという実態があります。

 

 

日々の生活環境は車の排気ガスによって、知らず知らずに粉塵やPM2.5などの大気汚染物質を
体内に蓄積させています。

 

工場や生活廃棄物を処理する時に排出される、ダイオキシンも大気中はもちろん、
土壌や田畑、海の底泥に蓄積し、農作物や魚介類を通して私たちの体の中へと入ってきます。

 

そんな薬漬けの食品に囲まれた私たちは、どのように身を守っていったら良いのでしょうか。

 

すぐには影響がないために、原因追求がされない分、野放図になりがちな環境問題や食品添加物問題。
家族や自分の身は、自分で守るしかないようです。

 

管理人が農薬を落とすために実践していることはこちらです